Date

乳酸菌生産物質で腸イキイキ

乳酸菌生産物質の働きを語る
Breast Cancer Ribbon

乳酸菌生産物質は善玉菌の働きを助けます

乳酸菌などの善玉菌が生命活動をする課程で分泌する物質である乳酸菌生産物質は、善玉菌のエサ、いわゆる栄養になるもので、善玉菌を活性化させ腸内の細菌勢力を善玉菌優勢にし、その結果腸内環境を整えてくれます。

そのシステムは実によくできていて、オリゴ糖などを栄養にして乳酸菌や他の善玉菌、例えばビフィズス菌が殖えていき、その過程で代謝産物が分泌されます。

その乳酸菌生産物質を他の善玉菌が栄養として取り込み、栄養を取り込んだ善玉菌が殖えていく過程で代謝産物を分泌、それを乳酸菌などが栄養にして…というサイクルを形成しています。

このサイクルがずっと続けば腸内環境は常に善玉菌優勢で整えられます。

ストレスなどが原因で善玉菌が劣勢になっても、この代謝産物を摂取すれば、このエサは善玉菌にしか作用しないため善玉菌優勢に腸内環境が戻っていきます。

つまり、薬などで体に無理を与えなくても、自力で自然に健康に近づくことができます。

乳酸菌生産物質はその手伝いをするものなのです。

乳酸菌生産物質は、乳酸菌など善玉菌の栄養になることによって善玉菌の活動を活性させますが、善玉菌を活性化させることによって、どのような効能、効果があるのでしょう。

まず乳酸菌生産物質を善玉菌が取り込むことによって、腸内が善玉菌優勢になり不要物や老廃物をスムーズに排出します。

つまり便秘が解消され、老廃物をスムーズに排出できるのでガスなどがお腹の中に溜まることなく体調も大変改善します。

そのことによってガンや高血圧などのリスクが減ることになるそうです。

また善玉菌が優勢になると、乳酸菌などが酸性の物質を分泌するため腸内を酸性に保つことができます。

したがって悪玉菌や病原菌、ウィルスなどが活動しにくくなり、結果として病気などに強い体になります。

つまり免疫力を上げ、免疫機能を改善・強化するのです。

このように乳酸菌生産物質は直接的に乳酸菌などの善玉菌に働きかけることにより、腸内環境を善玉菌優勢にし、腸内環境を整え、ひいては人間の体を健康に導く力があるのです。

Comments are closed.