Date

乳酸菌生産物質で腸イキイキ

乳酸菌生産物質の働きを語る
Breast Cancer Ribbon

乳酸菌生産物質でガン予防は可能なのか

腸内が善玉菌優勢になると免疫力が上がるとされ、ガン予防やガン治療に効果があるのではないかと期待されています。

人間は1日に1000個程度のガン細胞が生まれているそうですが免疫機能によりそのガン細胞を消滅させています。

人間は経口で物を摂取する時に、同時に外からの細菌、ウィルス、毒素が入ってきます。

そのため消化吸収器官である腸には免疫機能を持つ細胞が集まっています。

免疫力を上げるには乳酸菌生産物質を摂取して腸内環境を整えていきましょう。

腸内環境が良くなれば老廃物がスムーズに排出されるので、腸壁に老廃物がこびりつく心配はなく、また老廃物から病原菌などが吸収されることもありません。

また乳酸菌生産物質を取り入れて元気になった乳酸菌などの善玉菌が、腸内環境を自らの活動で酸性にしていきます。

腸は酸性に保たれているのが正常ですが、酸性にすることで悪玉菌や病原菌の活動を抑えることができます。

乳酸菌生産物質は腸内環境を整える上で非常に大事な物質と言えます。

腸内が酸性に保たれると病原菌や悪玉菌など、元々から酸に弱い細菌は活動することがなかなかできません。

つまり乳酸菌生産物質を取り入れて善玉菌を増加させるということは「免疫力を上げる」

ことにつながるのです。

免疫機能が低下すると毎日作られるガン細胞を消滅することが難しくなってくるので、結果としてガンになるリスクが高くなってしまいます。

免疫力の強さはガン細胞を消滅させる力でもあるのです。

さらにガン予防の先駆けとして知られているアガリスク茸(ヒメマツタケ)と乳酸菌生産物質を同時に摂取することで、免疫力が上がる効果が倍増するとされており、今後のガン治療に期待されているそうです。

腸内をきれいにすることでダイエット効果があり、老廃物がなくなるので肌のキメなども良くなります。

3タイプのサプリメントで自身のライフスタイルなどに合わせて使用でき、生きた菌よりも高い効果が実感できるという、善玉菌の栄養になる乳酸菌生産物質は自然に健康になる切り札なのかもしれません。

Comments are closed.