Date

乳酸菌生産物質で腸イキイキ

乳酸菌生産物質の働きを語る
Breast Cancer Ribbon

乳酸菌生産物質とは何でしょう

無菌ではないかと思われている人間の体の中には、実はとてもたくさんの細菌が棲みついています。

体内だけではなく、外に出ている部分、例えば手のひらなどにもたくさんの細菌が棲みついているのです。

そんな細菌の一部は「有用菌」

と呼ばれ、人間の体の健康を保つために非常に重要で大切な役割を担っています。

有用菌の中で有名だと思われるのが「ビフィズス菌」

や「乳酸菌」

などの腸内細菌だと思いますが、最近はこの乳酸菌が生産する「乳酸菌生産物質」

が注目されています。

この乳酸菌生産物質は乳酸菌代謝産物とも呼ばれ、乳酸菌から作られている物質です。

人間が産まれた時から腸内に棲んでいる善玉菌のグループが日々作り出している物質で、人間が生きていく上で必要不可欠なものと言われています。

なぜ、この物質が注目されるのかというと、生きた有用菌を体外から体内へ摂取しても、思ったほど期待する効果が現れないためです。

しかし、この乳酸菌生産物質を摂取すると思う効果が期待できるそうです。

乳酸菌などの有用菌が多く含まれる食品などで摂取しても、乳酸菌生産物質を期待値通り作り出す前に通過菌として体外に排出されてしまいます。

生きた菌である以上は胃の中で溶けたり、腸まで届いても棲みついたりすることができないそうです。

乳酸菌生産物質は実は「生きた菌」

ではありません。

また乳酸菌とはまったく別のもので、この代謝産物の中には乳酸菌は含まれません。

乳酸菌が自分で殖えていこうとする時に分泌する物質で、他の善玉菌と呼ばれる細菌のエサ、つまり栄養になってくれる物質なのです。

イメージとしては牛やヤギが作り出す乳、ミツバチが作り出すはちみつが近いのではないかと思います。

この乳酸菌生産物質は生産元の乳酸菌や他の有用菌と違い、酸にも熱にも強いことがわかっています。

したがって有用菌を摂取するより、この代謝産物を摂取したほうが人間にもたらす良い効果を実感できるのだそうです。

この乳酸菌の生命活動に付随する「有効な活動産物」

のことがわかるサイトはこちらです。

乳酸菌生産物質について知ろう

Comments are closed.